2019年08月09日

2019山岳強化合宿 その2

2泊目のテン場は農鳥小屋

写真ではいい味出してる山小屋のご主人なのだが、実はこの小屋、ある意味において!?登山界ではナンバー1という噂!
そんな事もあり、ぜひ一度接触してみたいと怖いもの見たさ的気持ちで泊まってみたのだ。

噂によると、到着が4時過ぎるとひどい暴言が待ち構えているというし、間ノ岳からの歩きを見て上から目線で評価されるらしいので、下りが得意のワタシが必死に歩いて(^^;)一足早く受付を済ませた。

  
国内3位の高峰「間ノ岳」 実は今年1.2.3位の登頂を済ませた👍


  
農鳥のテン場は朝5時過ぎると🏹ばい? ご来光もファンタスティック


  
岩の上でジャンプ ゲッ!(꒪ꇴ꒪|||)⚡   北岳・間ノ岳をバックに農鳥岳

必死に歩いたおかげだろうか?農鳥小屋のご主人はゴキゲンでテント3張りで4人と申告したのだが2000円にまけてくれた。(ホントは1000円×テント数)
今年は20歳くらいの女子が働いており、その子が来てから随分丸くなったという話である。

それにしても当山岳会メンバーの行いが良いのか!?この3日間期待以上の好天に恵まれ絶景だらけの3000mの稜線歩きを味わうことができた。

お疲れさまでした&また行きたいですね!!

投稿者 saeki : 12:21 | コメント (0)

2019年08月07日

2019山岳強化合宿 その1

個人的な話ですが我が子の就職先が決まる歳になったのもあり、身体的にも登れる内にと結成されたクルージン山岳会!?

今年の強化合宿は南アルプスのゴールデンルート!「白峰三山テン泊縦走」行ってきました。


  
白根御池小屋名物のソフトクリーム  「木」のベッドにて一服


  
  最高の天気に恵まれた   肩の小屋テン場は標高3千m


  
富士山の次に高い山「北岳」 甲斐駒と千丈をバックに「中白根山

投稿者 saeki : 11:27 | コメント (0)

2019年07月10日

雲上トレーニング

  
  愛鷹山が雲海に浮かぶ    ここは富士山登山道

  
  この赤い印が標高3776m   雲間の湖に河口湖大橋が見える

7/10、富士山静岡側は山開きで午前9時前ならマイカーで5合目まで上がれるという事。
店も休みだしトレーニング代わりに登ってみた。

雨でも登る予定だったが、ここのところで一番の快晴!いい感じの令和初富士登山となった。

投稿者 saeki : 19:37 | コメント (0)

2019年05月10日

令和最初のツーリング 2日目

2日目は登山口までバイクで行って、登山開始である。
朝5時半に起床し、7時前に登山者用駐車場に来るも満車!!
しかし、そこはバイク♪ テキトーな空き場所に駐車できた。

今回ツーリング中に本格的な登山をするという事で困ったのに靴問題があった。
バイク用の靴で行って履き替える?or登山用の靴でバイクに乗ってしまうのか?

幸いワタシの登山靴LOWAタホーでは普通にバイクに乗れたので、今回は履いてきたがなかなか悩ましい問題である。

  
二百名山「乾徳山」いくぜ〜  垂直も何のその

  
  なかなか岩場が多い   それでもひたすら登る


  
アベンジャーズ俺も手伝うぜ  そして登頂


  
   天気にも恵まれた   穴子天丼にも恵まれる♪

投稿者 saeki : 22:15 | コメント (0)

2018年09月10日

雪渓@白馬岳に行ってみた

たいした仕事もないのだが、何かに追われて続編の掲載が遅れてしまった。
白馬三山は2泊したのでまだ写真があったのだ。

ちなみに一泊目は白馬大池山荘、二泊目は白馬鑓温泉小屋だ。
この標高2100mにある温泉小屋は混浴なのだがチョー大人気!(女性専用もあるが)
野趣あふれる山の中で風呂に入れるのは何ともありがたいものなのだ。

  
  風速20mの強風の中     負けずに縦走

  
頂上宿舎の向こうに劔と立山が   今回最高地点!

  
  鑓温泉小屋の夕食風景      飯の前後に入浴

  
  そして翌朝また入浴    幾つもの雪渓を超えた

  
  さらば鑓温泉(雪渓の横)    さらば白馬


投稿者 saeki : 21:32 | コメント (0)

2018年08月26日

雪渓@白馬岳に行ってみた

今年は暑い。あまりにも暑くて仕事にならない。
そんな時に聞いたのだが、白馬岳には日本最大の雪渓があってもちろん夏にも溶けないのだと。
見晴らしのいいところに行きたい!というO澤氏と利害が一致したので行ってみたのだ。

  
  あそこに雪が見える   ついでに自然園も廻ってみる


  
 なかなか整備状態良好    ホントに雪が残ってる!


  
  あっちこちに雪はあるのだ   初日は白馬大池山荘

  
   夕焼けがきれい   W台風はどこへ?絶好の好天


  
 強風だが、上から大雪渓を見る  白馬山荘でアイスタイム♪


投稿者 saeki : 18:53 | コメント (0)

2018年05月21日

否定への挑戦者

新しいタイプの登山にチャレンジしていた登山家・栗城史多さんが志半ばで死去された。

未登頂で帰還することが続き、ネット上でアイツは登山家じゃなくて「プロ下山家」だ、などと揶揄されたり批判する人も多かった。

今回の一報後は、そのネット上で「バカヤロー、下山家らしく降りて来いよ」「登るより降りるほうがむずかしいから下山家じゃないのか」などと書き込まれていた。

2012年の敗退以降は少し痛々しく思いながらも応援。&PCの壁紙を使わせてもらってました、合掌


※2018/7/31加筆

投稿者 saeki : 18:52 | コメント (0)

2017年09月30日

黒戸尾根に行ってきた

過去に予定変更で登れなかった山、甲斐駒ヶ岳。。。遅めの夏休みに登ってみた。

今年はワタシ、いろいろあって(汗)山登りもリハビリ気味に確認が必要だったのです。

ルート的にも黒戸尾根から登る縦走コースとゴージャスに決行。

  
登山口からさえぎるものが   これが「刃渡り」

  
 七丈小屋は最高!    パタゴニアのレインウェア

七丈小屋ではパタゴニア・アンバサダー花谷氏の奨めでクラウド・リッジ・ジャケット&パンツの新品を借り受けて丸一日山行テストしてみた。

30デニールのこれは少し重めだが、ストームクルーザー(モンベル)よりも格段にストレッチ性が高く、パンツの立体裁断も相まって登攀的な動きに適しているのだ。

    
 幻想的な紅葉もいい    甲斐駒は修行の山?


  
 馬の背ヒュッテも紅葉の中   ついでに氷もあり


  
せっかくなので大仙丈もいってQ  大仙丈から仙丈ヶ岳を見る


  
昨日の甲斐駒に向かって歩く  左より1位、2位、3位が並ぶ


投稿者 saeki : 22:56 | コメント (0)

2017年06月15日

リハビリ・トレーニング

  

休日は車検場?的な悪しき日常を取り戻しつつある昨今、車検後にショッピングでもしようかと思っていたら天気が良くなり始め、雲の上から富士山が顔を出した。

今年の梅雨は天気がいいし、ショッピングしてる場合じゃない!と香貫山にトレーニングに行ってきた。
香貫山は近所の低山だが皇太子さまも来られた沼津アルプスの起点なのだ。

昨年は燕岳から表銀座と大キレットだったけど、今年はどうすっかな?

投稿者 saeki : 21:22 | コメント (0)

2016年09月30日

秋の縦走ハイキング

9/27〜9/30まで夏休みをとらしてもらい、普段は行けない山登りにいってきた。

どこに行こうか?悩んだが、表銀座からの槍穂高の縦走と欲張ってみた!@クルージン・ハイキング部

   
 まずは合戦尾根をやっつける ベンチから富士山が見えた!


  
   燕山荘から燕岳へ    燕から槍ヶ岳を見る

  
     大天荘で一服      槍ヶ岳@風雨で立てない

    
 南岳の暖炉は鉄ホイール改! キレット越えて安堵の北穂


  
 北穂ブレンドで作戦会議   涸沢は紅葉でした

風雨の大キレットは岩が滑るので緊張の連続。その為か29日に通過したのは我ら3名だけでした(汗)

ジュンイチさん、田村さん、ありがとうございました♪

投稿者 saeki : 12:01 | コメント (0)

2016年07月13日

(祝)ヤッター!マリンちゃん

早稲田大2年で19歳の南谷真鈴さんが、日本人最年少で世界7大陸の最高峰制覇に成功!

最後の一つとなっていた北米大陸のデナリ(旧称マッキンリー)山(6190メートル)の登頂に成功した。


http://tozanchannel.blog.jp/archives/1059256671.html

投稿者 saeki : 23:07 | コメント (1)

2016年07月08日

まだ梅雨か〜!?

  

7/7はメチャ暑く、もしや今年2回目の梅雨明けでは〜?てなわけで、高くて見晴らしの良い場所に行ってみた。

これだけ見晴らしが良ければ、選挙前の日本を見渡せるかも・・・?

いや実は陸上自衛隊のお客様が移動になったのでバイク売りたい?なんて言うのです。

今までは転勤なんてなかったのですが、沖縄の那覇基地に移動するようです。

目的は沖縄や石垣島でのパック3等の警護強化。

陸上自衛隊が日本の領土内で警護する!!というのです。。。

といことは敵対勢力の上陸に備えての配置転換みたいです。


  

なんと皇居みたいに富士山噴火口を周回するランナーがいました!

このおだやかな青い空と山登りを楽しめる日本が永遠であって欲しいものです。

投稿者 saeki : 13:10 | コメント (3)