2019年07月01日

3XVのクランクシャフト


   右がノーマルで左がSP用のクランクシャフト

ワタシの青春時代?には、今ほどのパフォーマンスではないにしろ、とても面白いバイクが多くあり業界にも活気があった。
各社の2STレプリカはそんな時代の最たるもので、なんと毎年のようにモデルチェンジ。
ヤマハ的にはTZR250でV型エンジンの3XVシリーズはサーキットでも圧倒的に速かった。

そんなTZRやNSRを快調に乗ろうとすると、絶対に避けられないのが2気筒間にあるクランクシャフトのセンターシール交換である。
なんせ1990年ごろの生産車なので、そろそろ30年!経過して密閉性が保てるワケもなく(^^;)
10年位前から「凄くキレイな2stレプリカを高額で買ったけど、すぐに焼き付いた」なんて話を何件か聞いた覚えがある😢

しかし、3XVのセンターシールやノーマルクランクアッシーはすでに廃盤。
調べると左右ベアリングは同一でセンターベアリングとセンターシールの部番が違うSP車両用のクランクシャフトなら10万円ほどで出るのだ。

当社の3XVユーザーに聞き取り調査をしてみると、そのまま組めるなんて人もいたりして・・・?

良くわからないので、当社で250SP選手権を戦っていた伝説の石K君にクランクシャフトを持ってきてもらった。

● Posted by saeki | 2019年07月01日 16:29 | メカニクス
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?