2024年03月30日

キャンプツーリングメンバー募集中!


  

トリッカーはどんな場所でも、どんな乗り方でも、気軽に楽しめる「フリーライド・プレイバイク」というコンセプトの元に開発された。実際、810mmのシート高は足付きが非常に良く、また全長1,980mm、装備重量125kgの車体スペックは250ccクラスの中でも特にコンパクトで扱いやすい。舗装道・林道・オフロード等いずれの道もこなし、また車名が示すように、ウィリー・ストッピー・アクセルターンなどのトリッキーな乗り方も可能なのである。
細身で小柄な車体は扱いやすい反面、燃料タンクの容量が2008年以前のモデルでは6リットルしかなく、キャリアさえ標準では装備されていない。
だが、このトリッカーにはオプションのリアキャリアと39Lのリアボックス、ETC、USB電源が装着済みでツーリング性を確保している。
そしてセローにも言える事なのだが、最大出力の変遷は21→18→20PS、最大トルクは2.1→1.9→2.0kgf・mとこのキャブレターモデルが最もパワフルなのである。
このトリッカーを当店キャンプツーリング参加希望者に優先販売したいと思います。

続きを読む "キャンプツーリングメンバー募集中!"
● Posted by saeki | 17:31 | Used Bikes | コメント (0)

2024年03月14日

XT1200Z Super Tenere

    

「Tenere」とはサハラ砂漠中南部の一帯を指す呼称であり、バイク界においてはパリダカマシンをイメージさせる。第1回、第2回パリ・ダカールラリーをXT500で制したヤマハはその後、XT600テネレ〜XTZ750スーパーテネレ、そしてXT1200Zスーパーテネレへと進化させていったのである。
排気量1,199ccの水冷並列2気筒エンジンは、砂漠でのグリップを確保すべく270度クランクを採用し、エンジン特性を変化させるD-MODE切り替え機能やトラクションコントロールシステムも採用されている。減速側はユニファイド(前後連動式)ABSを装備。様々な環境下での信頼性とローメンテナンス性を確保するシャフトドライブ、特殊なスポークホイールを使用し前後チューブレスタイヤを採用している。

そんなスーパーマシンXT1200Zの極上中古車が入荷した。当店販売のワンオーナー美車で部品を調べるのに半日を費やすほどのオプションパーツを付属しているので、お買い得といわざるを得ないだろう。

続きを読む "XT1200Z Super Tenere"
● Posted by saeki | 15:16 | Used Bikes | コメント (0)

2024年03月12日

お前と一緒に・・・ DSC400

  

足つきがいいので重い割に中型初心者でも乗りやすく、ツーリングに最適!
軽やかな吹け上がりを見せる空冷70度Vツインエンジンや、素直なコーナリング性能を発揮するシャシー構成は通常のドラッグスター400と変わらないが、おおらかな乗り味を高めるフートボードとシーソー式チェンジペダル、スチール製ディープフェンダーや16インチワイドフロントタイヤ、フォークカバー、大径ヘッドライト、肉厚サドル型シートなどを装備し、重厚なムードでまとめたのがクラシック。盗難抑止に効果的なイモビライザーも装備してるぜ。
こっそりプロのアドバイスをすると、ドラスタはノーマルが一番走るんだわ。

・2008年 
・総排気量 − 399cc
・製造国 − 日本 
・車検 − 2025年2/1まで
・走行距離 − 35000km 
・メインフレーム修正・交換歴 − 無し  
・保証 − 有り  (3ヶ月、また1000km) 
・仕様・変更箇所  
・現金販売価格(本体価格+消費税) − 35.2万円 
・現金支払い総額(税込み・静岡県東部の場合) − 39.6万円 
・上記総額に含まれる交換パーツ  −前後タイヤ新品交換、エンジンオイル、ブレーキフルード

続きを読む "お前と一緒に・・・ DSC400"
● Posted by saeki | 20:47 | Used Bikes | コメント (0)

2024年03月09日

ああトリッカー最終型


  

皆さんご存じのようにコロナ禍では、新車の供給が滞り、その影響で中古車価格が跳ね上がって新車価格を上回ったモノが多発しました。
二輪車の場合、ほぼ全て内燃機関(≒石油を燃料とするエンジンという事です)なので、排ガス規制により淘汰されるモデルも多く、その廃版と相まって価格高騰しているのですが。

2004年に誕生したトリッカーは、軽量・スリム・コンパクトを追求し、トルクフルな250佞龍冷シングルエンジンをセロー250と基本的に共通のフレームに搭載。
自由度の高いポジションにストロークの長い前後サス、フロント19インチ・リア16インチのスポークホイールを組み合わせ軽快で高いコントロール性を実現しているのです。

初期型のキャブからインジェクションへ、それでも2017年には一旦廃番に追い込まれたのですが、兄弟モデルのセロー250の復活につられて2018年に復活。なのでセローと同じく圧縮比を変更し最高出力も2PS向上しています。
トリッカー自体だと積載性が皆無なのですが、ワイズギアのキャリアと39Lのトップケース(本体のワンキー仕様)装着により日常のお買い物から放浪のキャンプツーリングまで難なくこなす一台です。


・初年度登録 2020年
・総排気量 − 249cc
・製造国 − 日本 
・走行距離 − 22000km 
・メインフレーム修正・交換歴 − 無し  
・保証 − 有り  (3ヶ月、また1000km) 
・仕様・変更箇所  純正リアキャリア、ユーロトップケース39L、ETC、ハンドガード、USB&DC電源付き、チェーン・スプロケ3点交換(21000km時に)
・現金販売価格(本体価格+消費税) − 49.5万円 
・現金支払い総額(自賠責2年付き、税込み・静岡県東部の場合) − 55万円  
・上記総額に含まれる交換パーツ  − エンジンオイル(MOTUL300V)、ブレーキフルード

続きを読む "ああトリッカー最終型"
● Posted by saeki | 11:04 | Used Bikes | コメント (0)

2024年01月01日

迎春

あけましておめでとうございます。
数年続いたコロナ過も解消し、晴れやかで暖かい元旦を迎えることができました。
今年もよろしくお願いします。

続きを読む "迎春"
● Posted by saeki | 14:38 | さいきんぐ | コメント (0)

2023年10月13日

制限速度40キロの峠道を90キロで暴走行為!?

埼玉県警はこないだも同様な理由で高校生を逮捕してたけど、酷い事するな〜😢
スピード違反で切符を切るんじゃなくて、逮捕してメディアに晒されるんだから尋常じゃない。
このくらいのスピードだと車でも出してる人、結構いるんじゃないだろうか?

高校生も専門学校生も多分、退学だろうな。
第2、第3のルフィになる事なく、くじけずに夢に向かって生きて行ってほしいなぁ

もし、バイクだけ逮捕しているとしたら、人権(バイク権?)侵害じゃないか!
立ち上がれ、全国のヘルス・エンジェルスども!!!

● Posted by saeki | 17:54 | さいきんぐ | コメント (0)