2020年01月27日

失われた30年

昨年末の話になるが、日本経済新聞の「年収1400万円は低所得」という記事が話題になった。

GoogleやAppleのあるサンフランシスコでは年収が11万7400ドル(約1300万円)の家庭が『低所得層』に分類される・・・というのだ!!


簡単に説明するとバブル崩壊後30年、日本では所得や物価が変わらない(下がってる?)が倍増以上の国や地域が存在するからそうなっているのである。

ニューヨークでは30年前と比べて収入は2倍、物価は3倍、家賃は10倍!?って、それじゃ返って生活大変じゃないってのもあるらしい。


そこまで分かったら安心してオフロード行ったり、ツーリング行けるってもんです。日本で良かった〜って。

そんなあなたに経済的でスタイリッシュなXTZ125の中古車はどうでしょう?

フロント21インチ・リア18インチタイヤのフルサイズのオフロードバイクなんですが、ファミリーバイク特約で任意保険が可能だったり、駅のバイク駐輪場に駐車可能だったり。

キャリアも標準装備で人気だったのですが、生産終了モデルなんで早いもん勝ちですよ!


  



  
・車名 − XTZ125
・総排気量 − 124cc
・製造国 ー 中国
・保検 − なし
・走行距離 ー 4700km 
・メインフレーム修正・交換歴 ー 無し  
・車台番号下3桁:557
・保証 ー 有り  (3ヶ月、また1000km)
・仕様・変更箇所  ナックルガード、エクセルアルミリム装着
・その他:納車時交換パーツ  − エンジンオイル、ブレーキフルード

・現金販売価格(本体価格+消費税10%)  − 187000円 
・現金支払い総額(消費税10%込み・静岡県東部の場合) − 211000円(保検1年付き) 



  

● Posted by saeki | 2020年01月27日 17:34 | Used Bikes
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?