2016年12月12日

100坪の乱

今年のバイク業界は激震が走った。

お客さん的にはなんの事かわからないだろうが、ショップサイドは阿鼻叫喚というか五里霧中、満身創痍で一蓮托生、因果応報ななかにも諸行無常な1年だったのです。

どういう事かというと、日本製K社とH社、さらに輸入T社がそれぞれ新基準の販売網構築を発表したのだが、どれもクルマのディーラーのように単一メーカーで100坪のショールームが必要だというのです。

それ以外にフルラインナップ展示だったり、従業員人数であったり、駐車場の広さとか年間取引額とかの要件もあるでしょうが、問題なのはスポーツ車両の販売は、新基準のショップのみで取り扱うと・・・(汗)

まあ、都内で100坪のスペースを確保したショップを造ったりしたら○億円〜××億円はかかるだろうし・・・で都内や地方の超有力ショップが試算しても、かかる費用が多すぎて黒字化できないだろうと判断しているらしいのです。

メーカー側は大体10数年おきぐらいにこういった事を言い出すわけですが、H社のD店展開が2002年に始まって、まだ10年経ってないショップも多いのにまるでクルマを買い換えるようなタイミングで○億円の投資をせまられてもですねwww

大量に販売してきたショップにとっては、まさに死活問題で今までの貢献であるとかの関係はどうなるんだと、喧々諤々なわけです。

クルマほどの販売数があれば償却できるかも?ですが、1000台売れてヒット作的な状況では。。。

ウチはY社で良かったけど、こんな業界ではそりゃ後継者も絶えるっしょ(涙)

投稿者 saeki : 12:23 | コメント (0)

2016年12月08日

危険思想

     

久しぶりにSRで休日の伊豆スカ・ランを楽しんだ。

やはり、SRはいい♪

全開にしても丁度いいスピード。

リッターレプリカだと、こうはいかない。

ところで、気の会うお客さんが話してた。

現在の日本の道路ではクルマが多数派でバイクは少数派。

だから、クルマに気を使ってすり抜けもせずに信号待ちをするのが行儀がよい。

だが、そのバイクを幅寄せするクルマも少なくないのだ。

ちょっと待てよ、エコカーでR1のオレの前に出てどうすんだ#

シグナルスタートだって、その眠たい加速に付き合ってやってるんだぜ!

その時ふと思ったんだが、もしバイクが多数派でクルマが少数派だったらどうだろう?

みんなバイクなら青になったら当然フル加速♪

邪魔カーがいないからバイクたちはびゅんびゅん走るし、渋滞は大幅に解消。

クルマたちはあまりの鈍足に端っこを申し訳なく走行するのが礼儀になるだろう。

遅くて邪魔でしょうがないのだから当然の結果なのだ。

クルマは左側によって、安全な範囲でバイクはすり抜けて前に出るのが当たり前。

そうだったんだ、今のマナーってのはクルマに合わせてやってるんだよ。。。

投稿者 saeki : 22:51 | コメント (2)

2016年05月18日

政治資金で購入♪

多くの政治家に習いまして、我社も政治資金を使って購入いたしました♪

御来賓の方々との交流のため、または貴重な研究資料としての購入でございまして、断じて私的な流用ではございません。

      


  

※クルージンには政治資金が認められていませんでした(涙)

税金で購入して、それをいただけるなんて政治家最高―w

投稿者 saeki : 13:47 | コメント (0)

2016年05月13日

キタ━━('v')━━!!


 
ここ最近、満車御礼状態で推移しているクルージンですが、やっとこ空けたスペースにでかい箱が送られてきました━━!

上から空けてみると、何やら青いカウルのバイクが━━!

今年は5月上旬〜8月下旬に配車されるという2016YZF-R1じゃないすか━━!

というワケで、箱開けの儀式完了━━!

投稿者 saeki : 21:21 | コメント (3)

2016年01月19日

ヤマハ試乗会・原付編

  

今年のヤマハ新商品説明会&試乗会に行ってきた。

今回は原付編なんだが、昨年末にマイナーチェンジしたシグナスに加え、今春はNMAXBWS125が追加されるのでAXISとTRICITYを含めて・・・125ccが5モデル体制になるのだ!

注目はNMAXで、最近はイヤになっちゃうことに原付スクーターの分際で鍛造スリッパーピストン!にオールアルミのDiASiLシリンダー!!、更に可変バルブやR1に採用された!オフセットシリンダーとLEDヘッドライトが・・・そしてABSが標準装備されている。。。(汗)


でもいろいろ試乗してみて、サエキ的には、加速力アップされたシグナスと同エンジンという?BWSのよどみない加速力やハンドリング、そしてやっぱりキャリアとハンドガードが装備されたワイルドなデザインが気に入ったのだった。

投稿者 saeki : 20:57 | コメント (0)

2015年11月19日

ブラック・モンスター出現

  

   

ヤマハから60周年カラーも発表されたV-MAXだが、そんな記念モデルさえ子猫ちゃんに思わせる怒涛のフルパワーとぶっといリアタイヤのモンスターが完成した。

相当面倒な仕事を丁寧にやって頂いた西村コーティングさん、ありがとうございました♪

投稿者 saeki : 10:00 | コメント (0)

2015年05月30日

チャリンコ注意!


今日、箱根から下ってきたお客さんがドクターヘリに遭遇したと言ってた。

十国峠でチャリンコグループ20台くらいとバイクの事故で心肺停止とか?大変な事態だったそうである。

最近はチャリンコ人気が凄まじく、箱根をトレーニングしている人も多いのだが、あの狭く曲がりくねった道でチャリンコ集団がいるとクルマもバイクもチャリンコも、危険きわまりない。

ブラインドコーナーを立ち上がったら・・・20台のチャリンコが道をふさいでいたとか・・・もしくは反対車線側にチャリンコ集団がいて、追い越しをかけて対抗車がはみ出してきたとか・・・あまり遭遇したくない事態だ。

都内から来る人も多いと思うけど、気をつけてね〜。。。

投稿者 saeki : 21:32 | コメント (0)

2015年03月25日

YZF-R1&R1M講習会

本来、今日は営業日なのだが、プレストの2015YZF-R1&R1M講習会@ツインメッセ静岡に参加して来た。

  
すみませんコレ仕事なんです  あああっ、フィットしすぎる(笑)


  
140P+22Pの講習マニュアル!   タブレットとCAN通信!?

  
なんちゅうハイテク機能    ETCはおろかタバコすら入らん

  
ドライカーボンは折り返して補強   講習結果→物欲増した人々


ワタシがR1Mに跨っている写真は、何も知らないバイク馬鹿がニコニコと話題のマシンに跨っているだけに見える。。。
しかし、ホントは以前より明らかにマスの集中した引き起こしや前後のカッチリとしたフィーリングのサスとフレーム、跨った時のフィット感の良さに思わずにやけてしまったのだ。

この車両を販売したときの納車説明はマトモにやると半日でできるだろうか?

考えていたよりもハイテク化が高度で、例えばクイックシフターだけでもギアポジション、リアホイールスピード、スロットル開度、シフト操作、エンジン回転数の6情報で制御しているのだ。

一日の講習を終えた今、R1のYRCを活用する事で、サーキットを走る今までのライバルを簡単に置き去りにしたり、路面状況に応じたより快適で安全なツーリングが当たり前なんだな。。。
と思ったのが正直なワタシの感想である。


投稿者 saeki : 22:57 | コメント (0)

2015年02月25日

2015ニューモデル試乗会

2015の春、発売されるヤマハニューモデルの試乗会を開催する!というので、ヤマハテクニカルセンターに行ってきた。

なんと、先導は藤原儀彦さんだ!!

YZF-R25,YZF-R3、TMAX530、MT-09TRACER、BOLT-Cafe に乗ったった。

教習所なんで最高60km/hくらいしか出ないから(涙)、細っかいところはR25とR3が最速で楽しい♪って事は良くわかった。

  

世界中でR25かR3の販売をしているのだが、実は両方とも販売するのは日本だけ!

っていうのは、250の車体なんで驚く事にパワーウェイトレシオはCBR500Rと一緒!?みたいっす。。。



投稿者 saeki : 21:37 | コメント (0)

2015年02月18日

うぉ〜!まだ出ないんか〜

骨ストレッチランニングの効果で、練習タイムはコースレコードを連発してたのに本番は昨年よりタイムが出なかったサエキです(涙)

タイムも出ないですが、2015-R1の情報もまだ出ない!

このままじゃ、日本中のR1ファンが暴れだしてイスラム国を壊滅してしまう怖れ大♪

国内ヤマハから出るのか?プレストから出るのか?それとも日本では登録できないのか?・・・

 


投稿者 saeki : 21:48 | コメント (0)

2015年01月13日

ワオーー!

なんだコレ。。。カックE〜!!

やっべー!もう、あるの・・・?


投稿者 saeki : 20:32 | コメント (0)

2014年06月11日

Born To Be Wild!

環境と安全に対する脅迫にも似た思想が支配するようになってしまった日本。
四輪ではエコカーが持てはやされ、環境性能というお題目の前では誰もがひれ伏さざるを得ない。

環境問題対策のアピールや『市場と直結していない』という商業的な理由により、2ストロークから4ストロークへ、ロードレースの世界が変革を余儀なくされたとき。
そして地方選のエントリーが600ccのスーパースポーツでいいのか?と暗澹たる思いを抱いたあの日。
それをワタシは忘れることができません。

それ以来、市場に発売される一般モデルでさえ、スリッパークラッチやらトラクションコントロール、更に今までタイヤをロックさせた事もない人たちがこぞって欲しがるアンチロックブレーキ。。。

それが実際に作動したときは、恐らくロックすることなく無事対象物に衝突するでしょうw


そんなくだらない鬱憤をはらす動画を発見しました。

実際はどこに人が乗るのか?まさかこれから対策か・・・とか想像するとワクワクします(笑)



「管理」なんて、くそくらえ!バイクはアウトローの乗り物だぜぃ!

投稿者 saeki : 19:34 | コメント (0)